山口大学 
工学部 感性デザイン工学科
大学院 創成科学研究科 工学系学域 感性デザイン分野

建築材料研究室

Topページ

学科HP

新着情報 メンバー 研究テーマ 研究成果 授業情報 リンク集

  特許/出願
 

 李柱国・池田攻: (ジオポリマーによる)汚染水の処理方法, 特許第5669120, 取得日20141226

 李柱国・岡田朋久・北里慎悟: ジオポリマー用添加剤及びジオポリマー硬化体, 特願2014-209042, 出願日20141010

 李柱国・池田攻: ジオポリマーの多孔質硬化体, 特願2015-011494, 出願日2015123

 李柱国・池田攻・鳥海貴也・佐藤貴之・藤本康之・細谷多慶低カルシウム流動床石炭灰の固化方法及び固化体, 特願2015-254394, 出願日20151225

 李柱国・岡田朋久・橋爪進: ジオポリマー用混和剤及びジオポリマー硬化体, 特願2016-096909, 出願日2016513

 李柱国・岡田朋久・橋爪進: ジオポリマー用収縮低減剤及びジオポリマー硬化体, 特願2016-096908, 出願日2016513

 

 著書・テキスト

 李柱国: 建物の火害診断および補修・補強方法 指針・同解説”, 日本建築学会, 12, ISBN978-4- 8189-2712-4, pp.1-25, 2015.2

 李柱国: コンクリートの品質管理指針・同解説”, 日本建築学会, 2, ISBN978-4-8189-1073-7, pp.48-65, 2015.2

 Z. Li:  “Environmental Impact Assessment”, (Editors: George T. Halley, Yeram T. Fridian), Chapter 2, ISBN 978-1-60692-667-3, Nova Science Publishers Inc, New York, 2009.

 李柱国: ごみ熔融スラグの構造用コンクリートへの活用−設計・施工試案―”, 日本コンクリート工学会中国支部,  2013.6

 李柱国: “建設技術者・コンクリート技術者のためのコンクリートの今日的課題と展望 2013”, 日本コンクリート工学会中国支部講習会テキスト, 5章:「新しいコンクリート」, pp.48-60, 2013

 李柱国: “建設技術者・コンクリート技術者のためのわかりやすいコンクリート”, 日本コンクリート工学会中国支部講習会テキスト, 応用編第4章:「高流動コンクリート」, pp.76-84, 2008

 

 ジャーナル・論文集 論文

 

Z. Li, G. Cao, and Y. TanPrediction of time-dependent flow behaviors of fresh concrete, Building and Construction Materials, Vol.125, 99.510-519, 2016.8   http://dx.doi.org/10.1016/j.conbuildmat.2016.08.049

Z. Li, T. Ohnuki, and K. IkedaDevelopment of paper sludge ash-based geopolymer and application to treatment of hazardous water contaminated with radioisotopes, Materials (Special Issue of Advances in Geopolymers and Alkali-Activated Materials), Vol.9, No.8, paper No.633, pp.1-17, 2016.7.28 http://www.mdpi.com/1996-1944/9/8/633

 李柱国・池田攻:製紙スラッジ焼却灰を用いたジオポリマーおよびその放射能汚染水の処理への応用に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol. 37, No.1, pp.2337-1342, 2016.7

永井伴英・李柱国・高垣内仁志・岡田朋久:ジオポリマーコンクリートの乾燥収縮特性に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol. 37, No.1, pp.2301-2306, 2016.7

岡田朋久・李柱国・橋爪進・永井伴英:凝結遅延剤を添加したジオポリマーコンクリートの性能に関する実験的考察, コンクリート工学年次論文集, Vol. 37, No.1, pp.2295-2300, 2016.7

松尾栄治・川崎秀明・李柱国:ゲート扉体に用いる軽量モルタルの耐久性能の検証, コンクリート工学年次論文集, Vol. 37, No.1, pp.1815-1821, 2016.7

李柱国・流田靖博・杉原大祐:高温加熱を受けたコンクリートの再養生による性能変化と回復に関する研究−質量、長さ、動弾性係数および超音波伝播速度について, セメント・コンクリート論文集, Vol.69, pp.363-370, 2016.3

李柱国・流田靖博:高温加熱を受けたコンクリートの再養生による性能変化と回復に関する研究−鉄筋との付着強度について, セメント・コンクリート論文集, Vol.69, pp.371-378, Vol.69, 2016.3

李柱国:気泡コンクリートを用いる二酸化炭素固定技術に関する研究, 日本建築学会構造系論文集, Vol.81, No.721, pp.405-414, 2016.3

李柱国・大久保孝昭:コンクリートの環境影響の評価方法に関する研究, 日本建築学会構造系論文集, Vol.81, No.720, pp.199-209, 2016.2

李柱国・松尾栄治:気泡コンクリートによる二酸化炭素の固定技術に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol. 37, No.1, pp.1369-1374, 2015.7

岡田朋久・李柱国ほか:ジオポリマーに適用する凝結遅延剤に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol. 37, No.1, pp.1975-1980, 2015.7

曹国棟・李柱国・譚援強:Study on the Thixotropy of Fresh Concrete Using Discrete Element Method, コンクリート工学年次論文集, Vol. 37, No.1, pp.1039-1044, 2015.7

李柱国:フレッシュコンクリートのレオロジーモデルおよび試験方法に関する研究, 日本建築学会構造系論文集, Vol.80, No.710, pp.527-537, 2015.4

李柱国: 骨材の粒子形状の評価方法に関する研究, 日本建築学会技術報告集, Vol.20, No.46, pp.839-844, 2014.10

李柱国・李慶濤:コンクリートの圧縮強度と熱伝導率の関係に関する実験的考察, コンクリート工学年次論文集, Vol. 36, No.1, pp.2050-2055, 2014.7

李柱国・梶原堅太郎・飯高 稔:放射光CTイメージングを用いたフレッシュコンクリートの粒子接点角に関する考察, 材料, Vol.62, No.9, pp.585-591, 2013 9

 Z. Li, and Z. Wang: Non-uniformity of fresh concrete resulting from bleeding, コンクリート工学年次論文集, Vol. 34, No.1, pp.340-345, 2013.7

李柱国:フレッシュコンクリートのレオロジー的性状に関する理論的研究, 日本建築学会構造系論文集, Vol.78, No.687, pp.895-904, 2013.5

 Q. Li, Z. Li, G. Yuan, Q. ShuThe effect of a proprietary inorganic coating on compressive strength and carbonation depth of simulated fire-damaged concrete, Magazine of Concrete Research, Vol. 65, No. 11, pp.651 –659, 2013.4

C. Ferraris, Z. Li, and M. ZhangDevelopment of a reference material for the calibration of cement paste rheometers, Advances in Civil Engineering Materials, Vol.2, No.1, 2013, pp.140–162, 2013

 李柱国:コンクリートの環境性能評価方法の一提案, 建材試験情報, Vol.48, pp2-7, 2012.12

李柱国静置状態におけるフレッシュコンクリートのブリーディングモデルに関する理論的研究, 日本建築学会構造系論文集, Vol.77, No.679, pp.1357-1366, 2012.9

李柱国・谷川恭雄:モデル材料の内部可視化実験に基づくフレッシュコンクリートの粒状体性質に関する考察, 日本建築学会構造系論文集, Vol.77, No.678, pp.1175-1184, 2012.8

Q. Li, Z. Li, and G. YuanEffects of elevated temperatures on properties of concrete containing ground granulated blast furnace slag as cementitious material, Construction and Building Materials, Vol.35, pp. 687-692, 2012

李柱国・流田靖博・王志堅・谷川恭雄:振動打設したコンクリートの乾燥収縮の不均一性に関する考察, コンクリート工学年次論文集, Vol. 34, No.1, pp.472-477, 2012.7

Z. Wang, Z. Li, and Q. Li An experimental study on estimating method of bleeding capacity of vibration-placed fresh concrete, コンクリート工学年次論文集, Vol. 34, No.1, pp.1192-1197, 2012.7

李柱国・流田靖博:複数種のスラグ細骨材を用いたコンクリートの性能, 日本建築学会技術報告集, Vol.18, No.38, pp.5-10, 2012.2

Z. Li, and T. Ohkubo: Concrete mix design incorporating additional consideration of environmental performance, Advanced Materials Research, Vol.374, pp. 1786-1793, 2011.12

李柱国・李 慶濤: 高温加熱を受けたコンクリートの残存圧縮強度の推定方法, 日本建築学会技術報告集, Vol.17, No.37, pp.791-796, 2011.10

Z. Li and Q. Li: 高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する研究, 日本建築学会構造系論文集, Vol.76, No.666, pp.1375-1382, 2011.8

J. Li, and Z. Li: Effect of boundary restraint on flow of fresh concrete though opening, 日本建築学会構造系論文集, Vol.76, No.665, pp.1189-1197, 2011.8

李柱国,李潔勇,飯高稔:フレッシュコンクリートの応力制御型レオロジー試験法の開発, コンクリート工学年次論文集, Vol.33, No.2, pp.124-130, 2011.7

李柱国・李潔勇フレッシュコンクリートのせん断変形特に関する実験的研究, 日本建築学会構造系論文集, Vol.75, No.653, pp.1173-1180, 2010.7

Q. Li, and Z. LiInvestigation on the recovery of compressive strength of concrete exposed to high temperature, コンクリート工学年次論文集, Vol. 32, No.1, pp.1163-1168, 2010.7

張文博・李柱国:振動打設したコンクリートの分離および充填性に関する実験的考察, コンクリート工学年次論文集, Vol.32, No.1, pp.1193-1198, 2010. 7.

田中宏和・李柱国・流田靖博:複数の再生細骨材を利用したコンクリートの性能に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集,Vol.32, No.1, pp.1409-1414, 2010.7

[ 2010年前のジャーナル・論文集 論文は、こちら ]

 

 国際会議・国内シンポジウム* 論文

  

李柱国 ジオポリマーコンクリートの環境影響に関する定量的考察, 「建設分野におけるジオポリマー技術の現状と課題」に関するシンポジウム論文集, pp.43-50, 2016.6 *

  岡田朋久・李柱国・橋爪進・北里槙悟:ジオポリマーの乾燥収縮による体積変化を制御する添加剤に関する研究, 「建設分野におけるジオポリマー技術の現状と課題」に関するシンポジウム論文集, pp.67-72, 2016.6 *

 Z. Li, and Y. RyudaBond strength recovery of fire-damaged concrete after post-fire-curing, Proceedings of 8th International Structural Engineering and Construction Conference (ISEC-8), Sydney, Australia, pp.719-724, 2015.11. 23-28.

  Z. Li: Carbon dioxide sequestration in foam concrete, Proceedings of the 5th International Conference on Construction Materials: Performance, Innovations and Structural Implications, Whistler, Canada, 2015.8. 19-21

Z. Li, and S. KanaiLightweight geopolymer porous concrete with aggregate of crushed waste PVC, Proceeding of 10th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA), Hangzhou, China, pp.1406-1410, 2014.10

Y. Zhang, and Z. LiDevelopment of lightweight aerated fly ash-based geopolymer, Proceedings of 10th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA), Hangzhou, China pp.1402-1405, 2014.10

  Z. Li, K. Tokieda, and M. YoshimuraEvaluating methods of material segregation resistance of fresh concrete and segregation degree of cast concrete, Report of Research Committee for Performance Inspection System of Concrete, JSCE, pp. III1-III-8, 2013.11. *

  Z. Li, and Y.RyudaLimit of material segregation of concrete, Report of Research Committee for Performance Inspection System of Concrete, JSCE, pp. III9-III-16, 2013.11.  *

  Z. Li, K. Ikeda, and Y. ZhangExpansion of geopolymer concrete using ground molten slag of municipal waste incineration residue, Proceedings of 3rd International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies (Kyoto), pp.756-785, 2013.8

 Z. LiEffect of segregation on test results of mechanical properties of concrete, Proceedings of 7th Conference of International Structural Engineering and Construction Society (USA), pp.653-660, 2013.6

 Z. Li: LCIA tool of building with function of regional environmental impact assessment, Proceedings of 8th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA), Kitakyushu, Japan, pp.789-794, 2010.11

 Q. Li, and Z. Li: Evaluation of Compressive Strength of Concrete Exposed to Fire, Proceedings of 8th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA), Kitakyushu, Japan, pp.1355-1358, 2010.11

J. Li, and Z. Li: Development of plantable concrete and thermal insulating panel using PVC waste, Proceedings of 8th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA), Kitakyushu, Japan, pp.735-740, 2010.11

Z. Li, and J. Li: Granular material characteristic of fresh concrete, Proceedings of 6th International RILEM Symposium on Self-Compacting Concrete (Canada), pp.423-433, 2010.9

 J. Li, and Z. Li: Normal stress of fresh concrete, as a result of restraint of shear flow, Proceedings of 6th International RILEM Symposium on Self-Compacting Concrete (Canada), pp.515-525, 2010.9

 Z. Li, and Q. Li: Repair of fire-damaged concrete: improvement of mechanical property, Proceedings of 2nd International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies (Italy), Special Vol., pp.373-384, 2010.6

Q. Li, and Z. Li: Repair of fire-damaged concrete: improvement of carbonation resistance, Proceedings of 2nd International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies (Italy), Vol.3, pp.1557-1568, 2010.6

 

[ 2010年前の国際会議 論文は、こちら ]

総説・解説 論文

 

李柱国:ジオポリマーおよびその建材分野における実用化に向けて その1, 硬化機構および反応生成物, 建材試験情報, Vol.53, pp.2-7, 2016.9

             http://www.jtccm.or.jp/library/new/7_kikaku/publication/1609/1609_kikou.pdf

  Z. Li: Development and application of eco-friendly concrete, Advanced Materials Research, Vol. 250, pp. 3827-3836, 2011.7

  Z. Li: State of workability design technology for fresh concrete in Japan, Cement and Concrete Research, Vol. 37, pp.1308-1320, 2007

 

学会発表 論文

曹国棟・李柱国・前田直輝:フレッシュコンクリートのレオロジー定数に及ぼす調合の影響に関する実験的考察, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 275-276, 2016.8

前田直輝・曹国棟・李柱国振動状態下のフレッシュコンクリートのレオロジー的性質に関する実験的研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 277-278, 2016.8

 李柱国・永井伴英ほか3名:フライアッシュと高炉スラグ微粉末を併用したジオポリマーコンクリートの性能に関する実験的考察 その1 調合および実験方法, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 1483-1484, 2016.8

 北里槙悟・李柱国ほか3名:フライアッシュと高炉スラグ微粉末を併用したジオポリマーコンクリートの性能に関する実験的考察 その2 可使時間と力学性能に及ぼす凝結遅延剤の影響, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 1485-1486, 2016.8

永井伴英・李柱国ほか3名:フライアッシュと高炉スラグ微粉末を併用したジオポリマーコンクリートの性能に関する実験的考察 その3 乾燥収縮および養生方法の影響, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 1487-1488, 2016.8

高垣内仁志・李柱国ほか3名:高炉スラグ微粉末とフライアッシュを併用したジオポリマーコンクリートの性能に関する実験的考察 その4 乾燥収縮に及ぼす調合および測定方法の影響, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 1489-1490, 2016.8

 Sha Li, and Zhuguo LiExperimental study on the properties of geopolymer concrete using fly ash and ground granulated blast furnace slag (Part 5: Neutralization resistance), 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 1491-1492, 2016.8

 岡田朋久・李柱国ほか3名:高炉スラグ微粉末とフライアッシュを併用したジオポリマーコンクリートの性能に関する実験的考察 その6 凝結遅延剤の作用機構, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 1493-1494, 2016.8

北田達也・李柱国:ゼオライトの添加が高炉スラグ微粉末を用いたジオポリマーの性能に与える影響に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 1497-1498, 2016.8

田青・李柱国:多孔質ジオポリマーを用いた耐火被覆材料に関する基礎研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), pp. 1499-1500, 2016.8

  李柱国, 流田靖博:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察, その6. 表面湿潤再養生後の耐凍害性(普通コンクリート), 70回セメント技術大会講演要旨, pp.32-34, 2016.5

李柱国, 流田靖博:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察, その7. 表面湿潤再養生後の耐凍害性(高強度と高強度繊維コンクリート), 70回セメント技術大会講演要旨, pp.35-36, 2016.5

李柱国, 北田達也, 杉原大祐, 流田靖博:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察, その8. 内部構造の変化, 70回セメント技術大会講演要旨, pp.36-37, 2016.5

 李柱国, 北田達也, 杉原大祐, 流田靖博:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察, その9. 化学組成の変化, 70回セメント技術大会講演要旨, pp.38-39, 2016.5

田青・李柱国・李莎:ジオポリマー系軽量耐火被覆材料に関する基礎研究, 2015年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.39, pp.41-44, 2016.3

曹国棟・李柱国・石田壮介・前田直輝:フレッシュコンクリートのレオロジー的性質の試験法と影響要因に関する研究 その1:レオロジー試験法および試料, 2015年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.39, pp.45-48, 2016.3

石田壮介・李柱国・曹国棟・前田直輝:フレッシュコンクリートのレオロジー的性質の試験法と影響要因に関する研究 その2:静的状態のレオロジー定数と調合の影響, 2015年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.39, pp.49-52, 2016.3

前田直輝・李柱国・曹国棟・石田壮介:フレッシュコンクリートのレオロジー的性質の試験法と影響要因に関する研究 その3:振動下のレオロジー的性質, 2015年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.39, pp.53-56, 2016.3

李莎・李柱国FEM analysis of the precision of hinge-joint plate method used to calculate transverse distribution coefficient, 2015年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.39, pp.57-60, 2016.3

大神晃・李柱国・北田達也・杉原大祐:高温加熱を受けたセメント硬化体の再養生による内部構造と化学組成の変化に関する研究, 2015年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.39, pp.61-64, 2016.3

 岡崎弘樹・李柱国:ジオポリマーによるCaO低含有量の流動床石炭灰のリサイクル方法に関する基礎研究, 2015年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.39, pp.65-68, 2016.3

李柱国:骨材の粒子形状の統合的評価法の提案, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (関東), pp. 57-58, 2015.9

菅彰・李柱国ほか:ジオポリマーに適用する凝結遅延剤に関する研究 その1:研究の背景および概要, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (関東), pp631-632, 2015.9

北里槙悟・李柱国ほか:ジオポリマーに適用する凝結遅延剤に関する研究 その2:凝結遅延剤が凝結時間に及ぼす影響, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (関東), pp633-634, 2015.9

岡田朋久・李柱国ほか:ジオポリマーに適用する凝結遅延剤に関する研究 その3:凝結遅延剤が流動性と圧縮強度に及ぼす影響, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (関東), pp635-636, 2015.9

李柱国・流田靖博:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察 その3. 鉄筋コンクリートの付着性能, 69回セメント技術大会講演要旨, pp.74-75, 2015.5

李柱国・流田靖博・杉原大祐:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察 その4. 気中再養生による凍結融解抵抗性の変化, 69回セメント技術大会講演要旨, pp.76-77, 2015.5

李柱国:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察 その5. ひび割れの変化,69回セメント技術大会講演要旨, pp.78-79, 2015.5

李柱国・池田攻:ジオポリマーコンクリートによる放射能汚染水の処理技術の開発, 2014年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.38, pp.81-84, 2015.3

G. Cao, Z. Li, and Y. Tan: Study on the thixotropy of fresh concrete using discrete element method, 2014年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.38, pp.41-44, 2015.3

渡邊佳直・李柱国・流田靖博・杉原大祐:高熱加熱を受けたコンクリートの性能および再養生による回復に関する実験的考察, 2014年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.38, pp.37-40, 2015.3

今村和樹・李柱国・流田靖博・杉原大祐:二酸化炭素を封じた気泡コンクリートに関する実験的考察, 2014年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.38, pp.33-36, 2015.3

張贏丹・李柱国・池田攻:ジオポリマ−系軽量気泡コンクリートの製造技術に関する研究, 2014年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.38, pp.29-32, 2015.3

藤永勇太・李柱国・池田攻・大久保孝昭:ジオポリマーの付着性能に関する研究, 2014年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.38, pp.13-16, 2015.3

李柱国:廃棄物を用いた軽量ジオポリマーポーラスコンクリートに関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (近畿), pp.351-352, 2014.9

張 贏丹・李柱国:都市ごみ溶融スラグ微粉末を用いたジオポリマーの軽量化技術に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (近畿), pp.353-354, 2014.9

李柱国・麻川昂佑・流田靖博・杉原大祐:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察 その1. 質量変化, 68回セメント技術大会講演要旨, pp.316-317, 2014.5

李柱国・麻川昂佑・流田靖博・杉原大祐:高温加熱を受けたコンクリートの性能回復に関する実験的考察 その2. 動弾性係数と長さの変化, 68回セメント技術大会講演要旨, pp.318-319, 2014.5

時枝健太・李柱国・吉村貢:振動打設したコンクリートの不均一性の評価法に関する研究, 2013年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.37, pp.5-8, 2014.3

受川悠司・李柱国・飯高稔:細骨材形状の定量化方法及びフレッシュモルタルのレオロジー性質に及ぼす影響に関する研究, 2013年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.37, pp25-28, 2014.3

麻川昂佑・李柱国・流田靖博:火災を受けた鉄筋コンクリートの付着性能および再養生による回復挙動に関する実験的研究, 2013年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.37, pp13-16, 2014.3

横沼祐一・李柱国・松尾栄治:中性化抵抗性を損害しないコンクリートの二酸化炭素固定技術に関する基礎的研究, 2013年度日本建築学会中国支部研究報告集, Vol.37, pp.33-36, 2014.3

[2014年前の学会発表論文は、こちら]